キャンピングカー製造販売の総合メーカー「MYSミスティック」



2014 大好評Mini Pop Bee!!続々新型登場!店舗情報



日本にとことんあわせたジャパニーズキャンパー!!NEW MODEL

軽トラにMiniPopキャンパーシェル、4人乗りキャンピング車(軽登録)となる仕様が「Bee」です。脱着は通常時不可になりますが、キャンパー部にも2人が乗車可能となりますので4人家族のご家族でも使用可能です。
新車のセット価格は価格一覧表をご覧ください。
MiniPopBeeのページへ


nEWS (最新情報) 舗情報

平成26年9月11日

  • ランドクルーザー70が復活し、ピックアップトラックも新たに販売を開始致しました。当社では全国各地に専用キャンパー「J-cabinL」を配し皆様方にご覧いただけますよう準備を進めております。本日より群馬トヨタRVパーク内にまず展示を開始いたしました。9月半ば以降には仙台トヨタ、10月には香川県高松市の岡モータースと順次キャンパーの展示を始める予定となっております。
  • バッテリーをご注文いただく場合の確認です。配送料の変更を運送会社より受けたため、送料無料キャンペーンは住所地の一番近い営業所止めに限り適用となります。個人宅への宅配は送料が発生いたしますのでご注意ください。本州の場合通常送料は1,080円となります。 必ず注文時にご希望を記載ください。
  • 会社理念「MYSTIC TSC(Technlogy , safety & challenge)」始動!技術力の向上、安全性の追及、新しき事への挑戦を企業目標として推進してまいります。スライドアウトトラキャンがアメリカよりやってきました。当社双葉店に現在展示中です。
  • YOUTUBEへ会社紹介PV、カテゴリー別商品紹介PVを掲載中です。是非ご覧いただけましたらと思います。
  • 会社紹介 トラキャン バンコン 軽キャンパー ミニバン 密着!ミスティックの1日
  • その他の最新情報及びレポート情報はこちらです>>>詳しくはこちらです
  • 毎週月曜日は定休日です。双葉店は毎月第一火曜日も定休。

 


What`s New ?(更新履歴)新着情報

14.09.14「納車報告」更新
14.09.09「中古情報」更新(ウィンピュアシェルラプラチナム画像掲載)
14.09.09「中古情報」更新(ケビンプレミアム画像掲載)
14.09.08「中古情報」更新(ケビンプレミアム、ウィンピュアシェルラプラチナム入庫)
14.09.06「納車報告」更新
14.08.31「納車報告」更新
14.08.16「納車報告」更新

SERVICE INFOMATIONお店情報


ミスティックショップは、ミスティックプラニングの直営展示場です。お客様の様々なライフスタイルやニーズを考え,プロの目で選んだメーカーの商品だけを常時多数取り揃えています。個性豊かなスタッフがアドバイスとサポートさせていただき『よくわかるキャンピングカー選び』を心掛けています。また弊社は国内随一のトラックキャンパー専門店です。皆様のお越しをお待ちしています。

キャンピングカー

弊社ではトラックキャンパー、バンコンバージョン、ミニバンキャンパーなどキャンピングカー全般を扱っております。

 ミスティック展示場

常時沢山のキャンピングカーを他社製品含めて展示しております。是非お越しください。

本日のお店風景

本日のお店の様子をのぞいてみてください。多くの方のご来店ありがとうございます。9/1更新

  ミスティックユーザーの皆様

当社製品をお使い頂いている皆様のご紹介です。全国に散らばるミスティックキャンパーのオーナーページです。

  MYSTIC OWNERS CLUB

キャンピングカーにお乗りの方と楽しむミスティック公式キャンプクラブです。4/29更新

 輸入トラックの部屋

ミスティックの考えるトラックの優位性と実用性。ピックアップトラックへの当社代表の想いなどを綴っています。6/5更新

 

キャンピングカーの総合メーカー「ミスティック」とは
ミスティックはキャンピングカーの総合メーカーとして自社内にて商品の設計・開発及び製造を行っております。トラキャン・キャブコン・バンコンから軽キャンパーまで幅広い商品を取り扱っておりますので必ずお客様のご希望に沿った商品が見つかるはずです。
当社では「MYSTIC TSC(Technlogy , safety & challenge)」を会社の理念として掲げ、技術力の向上、安全性の追及、あらゆる事への挑戦を目標として業務に取り組んでいきたいと思っております。昨今は法令の改正も多く、当社ではそれはむしろ技術革新のチャンスと捕らえ研究開発に積極的に取り組んでまいりました。この度特許を取得いたしましたキャンピングカー用のシートに設置するIsofixチャイルドシートも良い例ですが、安全に対するコストは確かに多くかかってしまいます。安全に対する研究開発費は惜しみなく費やし、新しき事への挑戦する気持ちを忘れずに積極的に取り組み各種製品にフィードバックしていきたいと思っております。是非一度当社の展示場にお越し頂き、その目で実物をご覧頂き、当社の考えを実現した車輌群を見ていただけましたらと思います。