J-cabin FTL シリーズ
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL ご紹介

フルサイズピックアップをベースに軽量化を徹底したJ-cabin FTのロングバージョンです。

J-cabinFTに更に余裕の空間を与えたグレードアップモデルです。トラキャンの王道フロント対座シートはそのままに、入り口付近に拡幅したキッチンスペースを配し、大型自由空間は相変わらず使うものの自由度を与えてくれます。 バンクベッド及びダイネットはFTと同一の大きさで横幅1900mmを確保し、楽に横就寝が可能です。 当社独自のアルミフレーム工法「ボディーバス」を用い、国内最速キャンパーの称号はJ-cabinFTに更に余裕の空間が追加されました。企画はすべて日本、製作も日本人の匠の手により手作り感覚で製作されております。

MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 外観
フルサイズピックアップベースの究極のトラキャンJ-cabin(ジェイキャビン)FTL外観軽量ボディのアルミフレームシェルJ-cabin(ジェイキャビン)FTL外観フルサイズキャンパーの存在感J-cabin(ジェイキャビン)FTL外観長距離走行でも疲労感の少ないパワーと走行性能J-cabin(ジェイキャビン)FTL外観
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 内装
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 内装
広さはもちろん、使い勝手のよいコの字型ダイネットソファ。広く使い勝手のよいコの字型ダイネットソファ。
定評の高いコの字型ダイネットソファを採用しています。大人で囲んでもゆったり座ることが出来る広さです。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 内装
キャンパー内を有効活用できる工夫がされたリビングスペース。ベッドや収納にも使えるリビングスペース
下段はテーブルを取り外すことにより荷物スペースとしても使えます。就寝の際にはベッドになります。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL キッチン
キッチンはいつも清潔だから居心地がよい。ポータブル式の水タンクを採用したキッチンスペース
水タンクは扱いやすいポータブル式。タンクをいつも清潔の保てるこの方式が日本においての主流です。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL ベッド
大の字に寝られるほど広いベッドスペース。大の字に寝られるほど広いベッドスペース。
大人2~3人がゆったり眠ることが出来るバンクベッド。
小物が多い人には本当にオススメのスペースです。自由空間上部収納スペース 天井に設置された収納は小物などを入れるのに便利です。必要なときに必要なものを取り出せる便利な収納。キッチン&FFヒーター部 かさばりがちな様々な道具はこちらに収納できるようになっています。冷蔵庫も使うシーンをイメージできる設計に。冷蔵庫 (43L) 冷蔵庫は小さなお子様にも取り出しやすい高さに設置されていますかさ張る荷物は収納。くつろぎスペースには物が少ないと良い?オーバーヘッドキャビネット 上部のデッドスペースを収納スペースに
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 内装
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC 内装
広さはもちろん、使い勝手のよいコの字型ダイネットソファ。広く使い勝手のよいコの字型ダイネットソファ。
定評の高いコの字型ダイネットソファを採用しています。大人で囲んでもゆったり座ることが出来る広さです。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC 内装
キャンパー内を有効活用できる工夫がされたリビングスペース。ベッドや収納にも使えるリビングスペース
下段はテーブルを取り外すことにより荷物スペースとしても使えます。就寝の際にはベッドになります。
J-cabin(ジェイキャビン)FTLCキッチン
キッチンはいつも清潔だから居心地がよい。ポータブル式の水タンクを採用したキッチンスペース
水タンクは扱いやすいポータブル式。タンクをいつも清潔の保てるこの方式が日本においての主流です。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTLC ベッド
大の字に寝られるほど広いベッドスペース。大の字に寝られるほど広いベッドスペース。
大人2~3人がゆったり眠ることが出来るバンクベッド。
カセットトイレの設置例カセットトイレを設置可能 トラキャンでは上級グレードにのみ設置されてきたカセットトイレも設置可能です。収納力が高く、便利なキッチンまわり。キッチン&上部キャビネット がさばりがちな様々な道具はこちらに収納できるようになっています。みんなが使う冷蔵庫だから、みんなが使いやすいように。クローゼット&冷蔵庫 (43L) 冷蔵庫は小さなお子様にも取り出しやすい高さに設置されています。キャンプの時でも、トイレにゆとりとくつろぎを。トイレルーム足元 余裕を持って着座できるスペースを確保

J-cabin(ジェイキャビン)FTLオススメポイント

大きくなっても軽量ボディのアルミフレームキャンパー。タンドラやタイタン、その他フルサイズピックアップの有り余るパワーがあってこそではありますが、走行性能に関しては何ら不満は起きない事でしょう。超長距離走行でも疲労感の少なさはこのクラス最大の特徴でもあります。

 

キャンピングカーだから装備は出来るだけ多くある方が良い!という考えはこのキャンパーには当てはまりません。無駄を省き必要最低限の装備と大きな空間があるからこそすべてのバランスがとれ、どこに行ってもある一定の設備がある日本においては割り切りから生まれる快適性もあるものだと納得できるものです。必要な装備のみをビルトインした軽量&コストパフォーマンスに優れたJ-cabinFTL、そのすばらしさは所有したオーナー様だけが味わえる最高の悦びです。

MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 詳細情報
全長 (mm) 4,730 (ベース車により差あり) 全幅 (mm) 1,980 全高 (mm) 2,240
室内高 (mm) 1,810~1,880 就寝店員(名) 5名 ボディ構造 サンドイッチパネル (強化屋根)
価格 2,948,400円
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 標準装備
シンク ステンレスシンク
コンロ
冷蔵庫 3way (43リットル)
室内ヒーター 自動点火FFクリーンヒーター
ダイネットソファベッド 2名用 (ベッドメイク時)
バンクベッド スライド式 大人2~3人用
室内換気 電動式ファン (3モード)
LPG収納庫 ボンベはオプション
コンバーター 30A
車輌取り付けパーツ ターンバックル、アンカー等
サブバッテリー 105A 1本 (オプションにて追加可能)
エントランスドア ネットスクリーン付ドア
各種ウィンドウ 網戸付
給水タンク ポリタンク
排水タンク ポリタンク
電源 外部100V、走行充電12V
シャワー なし
トイレ ポータブル(オプション)
シェル脱着用ジャッキ 4本
仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
本サイト表示の価格は、急な原価・レートの変動等により断り無く変更される事があります。
MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL オプション装備
サイドオーニング 3.0m117,720円

日差しの強い日、雨の日などに大いに役立つ装備です。キャンピングカーらしい装備ナンバー1です。

ウインドブーツ16,200円~21,600円

キャンパーのバンクベッド下の窓とトッラックのリアウインドをつなげるパーツです。外側はビニールレザーで中にはウレタンが入っています。これを装着しますと、走行中に窓を開けたままでも雨風が入りません。また、自動車のエアコン取入れにも役立ちます。

フレームアンカー84,000円

キャンパーを固定するターンバックルを引っ掛ける車側に装着するパーツです。フレームから引いてきますのでより車輌と一体になった動きが出来、大型の重いキャンパーこそ必要なパーツです。昨今アメリカでも大分多くなりました。

電動ジャッキ(新品時に同時購入の場合)258,800円

通常標準では手動式メカニカルジャッキが装備されています。その頭部分に電動ヘッドを取り付けリモコン式の電動になったものです。1本でも4本同時にでも上げ下げ出来ます。 初めから電動のみ作動の電動ジャッキもありますが、これは重量級のキャンパー用でそこまで重いキャンパーは日本ではなかなかないですね。

脱着式サイドミラー19,440円

ゴムバンドで車両のサイドミラーに取り付けます。通常アメリカでは平面鏡を用いますので当社ではそれを日本使用の曲面鏡に張り替えています。車両のみで走行するときには簡単に取り外せます。

強化ショック (各種)

各メーカー、各種ございますのでお好みのものが選択可能です。 モンロー・ランチョ・エクスプローラーなど

ベバストFF式ヒーター(灯油)221,400円

空気を汚さないヒーターです。キャンパーお求めのお客様に№1のオプションです。

コンバーター(100v→12v及充電)68,040円

家庭用100vを12vに変換する装置です。その12vでキャンパー内の照明等を賄います。更に外部電源接続時はバッテリーへの充電もおこなえます。

ツインバッテリー22,680円

標準バッテリーでは容量の不足する方へ電気の使用量が2倍になります。

バネ入りターンバックル37,800円

キャンパーを固定する専用パーツです、中に程度な強度を持ったバネが入っており、キャンパーの揺れを吸収します。

ライドライトエアサス 150,000円~

エアの力でリアの尻下がりを防止します。現在購入いただくほぼすべての車輌にエアサスはお付けいただいておりますね。当社でメインに使用するものはファイアーストーン製です。バルブ類が金属製の為長期間の使用に耐えうるものです。

スライド式バンクベット59,400円

上部ベッドが標準より3~40cm広がります。余裕を持った就寝が可能となります。


その他オプションは、ソーラーシステム、クーラーなど多数ございます。
ご希望により作り上げていくシステムですのでお気軽にお問い合わせください。

MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL 適合車輛リスト

TOYOTAタンドラ

日産タイタン等 (アメリカンフルサイズ用も製作可能)

MYSミスティック キャンピングカー J-cabin(ジェイキャビン)FTL メモ(説明等)

FTLシリーズには数種類のタイプがあります。タンドラでご説明いたしますと2006年までの旧型タンドラ(アクセスキャブとダブルキャブ)用はFTL標準が積載可能です。2007年以降のダブルキャブとクルーマックスでは、ダブルキャブ用は標準FTL及びワイドFTLが積載可能。クルーマックスはFTLCのみ積載可能となります。なおクルーマックス用の大型キャンパーは当社で製作するしか軽量化の問題や長さにより現実的には厳しいと思います。勿論いわゆるミニピックアップ用は何とかして積載は出来るでしょうが、やはりせっかくのクルーマックス、胸が張れる形の方が宜しいのではないかと思います。