初心者の方へ

 

キャンピングカーの購入を検討されている方へ

Q. 乗用車などと比較して、ベース車の維持費等は?(平成27年12月現在)

トラックキャンパー 初心者 トラックキャンパー

ピックアップトラックに関しましては、自動車税は年16,000円です。
車検は最初の車検が2年、以後1年車検です。

8ナンバーキャンピングカー 初心者 8ナンバーキャンピング車(ハイエース)

自動車税は年40,800円。最初の車検から2年毎に車検となります。

3ナンバー普通車 初心者 3ナンバー普通自動車(ハイエースワゴン)

自動車税が51,000円。当初3年、以後2年おきの車検です。

軽トラベースキャンパー 初心者 軽トラベースキャンパー

自動車税年5,000円、維持費については格安ですね。

排気量別自動車税 排気量別の一覧

2,000cc以下 39,500円
2,700cc以下 40,800円
2,800cc以下 45,000円
3,000cc以下 51,000円

Q. 車両足廻りの強化はどの様になりますか?

キャブコンバージョン 足回り キャブコン(カムロードの場合)

完全を期すのであれば、フロント&リアショックの強化、フロントスタビライザーの強化、リアスタビライザーの設置、リアライドライトエアサスの設置を施せば、安定・安全でしょう。さらに純正タイヤをキャンパー専用タイヤに変更すれば完璧ですね。

トラックキャンパー 足回り トラックキャンパー

ピックアップトラック + J-cabinシリーズの場合
4人家族で考えて、リアにエアサス・リアダンパー交換がベストと思います。空車時はエアサスのエアを抜いてノーマルに近い乗り心地となります。フロントのスプリングを交換するとより前後運動を抑えられますので、ご検討いただくと宜しいかと思います。

8ナンバーキャンピングカー 足回り 8ナンバーキャンピング車(レジアスエース&ハイエース)

通常装備であればノーマルでもある程度は問題はありません。しかし高速道路等での安定をお求めならばまずはショックアブソーバーの変更をご提案しております。更に荷物を多く積載してお出かけの方にはエアサスペンション(リア)もご用意しております。

3ナンバー普通車 足回り 3ナンバー普通自動車/ミニバンキャンパー(ハイエースワゴン、セレナ、ヴェルファイア)

軽量化を追及して製作しておりますミニバン車輌では、通常足廻りはノーマルでもとても快適な走行性能が可能となっております。

軽トラベースキャンパー 足回り 軽トラベースキャンパー

基本リーフ増しは必須とお考えください。更にリアショックアブソーバーの変更を行いますと更に横ゆれに対する対策となります。車種により高速道路での安定性をお求めの場合フロントスタビライザー、リアスタビライザーの設置も宜しいかと思います。

 ご予算とお好みによりいかようにも可能ですが、いくら最大積載量が多い車種を使いましても、ノーマルでは心もとないとお考えいただいた方が賢明です。走行性能の安定のために足廻りのチューニングはどうしても必要です。これは当社のポリシーとしまして、快適にキャンパーライフをお過ごしいただくためにノーマルではどうしても不安定になりがちな積載時の走行を不安なくお使いいただくためです。ぜひその点は御考慮いただき御検討いただきたく思います。

Q. ベース車を中古車にしようと考えていますが、どう進めればよいですか?

 ベース車は当方でよりよいものをご提案しても良いですし、お客様ご自身で探してきていただいても構いませんが、できれば一言ご相談ください。どのカテゴリーのキャンパーでもより良い選択の指針をお示し出来るかと思います。最近多いのがヴェルファイア&アルファードのバルテオ、セレナやステップワゴンを既にお持ちの方が、所有している車輌で製作して欲しいとのご要望です。シートの変更を伴う改造になりますので、車検は一度きり公認車検を受けて再登録となりますが、ご希望に応じて、すべての諸手続きをお受け致します。ご自身でされる場合でも、出来る限りのサポートを致します。

Q. 製作期間はどの程度?

 通常ご契約を頂き、ご契約金の入金を確認させていただいて着手となります。昨今ではご注文も多く頂いておりますので、通常どの車種でも2-3ヶ月は最低でもいただいており、契約台数の多い車種なら最大半年程度のお時間をいただく場合もございます。工場の拡張や社員のスキルアップをはかりより短納期を目指し努力いたします。

Q. トラキャンの脱着に掛かる時間や方法は?難しい?

 脱着には慣れもありますが、脱電動ジャッキで約15分程度、標準の手動ジャッキで約30分程度要します(ターンバックルの取り外しからキャンパーを上げ下げして終了までのトータル時間)。

また方法としましては、
1. ターンバックル・電気のコネクターをはずす。
2. ジャッキを1本ずつ一度に15cm位ずつ上げていく。(1人でやる場合)
3. フロント側の2本がやや上がり目で荷台よりキャンパーが上がったら、車を前進して抜く。
4. 上げたときと逆にキャンパーを降ろしていく。
5. キャンパーの下にビール瓶の箱等を置いてそこに左右に角材等を置いて、キャンパーを降ろす。
6. バンクベット部分が少し上がり目の状態で、ジャッキと下の箱等両方で荷重を支えて完了です。
(手動ジャッキの場合で、ご自宅等で長期置く場合)

 キャンパーをトラックに載せる時の、トラックでバックする場面が難しそうに感じるかもしれません。しかし、完全にぴったりバックのみでいい位置にできることは、販売している私でも年に1度か2度。だいたいは曲がって入ってしまいますが、それで十分です。大体の位置に下げ、キャンパーを降ろす時、キャンパーと荷台が接するあたりで一度止め、キャンパーの前や後ろを押し引きすればキャンパーが動きます。そこでいい位置にあわせます。それからさらに下げていけばいいのです。
 要はコツさえつかんでいただければ、自動車免許を持っている老若男女問わず、すでに所有しておられる方々は簡単にやっておられます。

トラックキャンパー用語集

キャンピングカー ライドライトエアサス ライドライトエアサス

キャンピングカー 用語トラック系のリアリーフスプリングとフレームの間に取り付けて、キャンパーなどの重量物を積載したときの尻下がり防止及び走行安定性を保つ装置。ライドライト(ファイヤーストーン)とエアリフト(グッドイヤー)があるが、バルブや配管のクオリティはライドライトの方が上。しかし通常の使用年数では勿論どちらも問題なし。

キャンピングカー 脱着式サイドミラー 脱着式サイドミラー

キャンピングカー 用語キャンパーの積載時、左右の見切りが悪い場合取り付ける。付属のゴムのバンドで取付ける方式なので車輌のみの時には簡単にはずすことが可能。

キャンピングカー ターンバックル ターンバックル

キャンピングカー 用語キャンパーと車輌を固定するパーツ。大型のキャンパーには画像のバネ入りを使用することが多い。軽量コンパクトのものには通常のターンバックルにて対応。By HAPPIJAC

キャンピングカー ターンバックル 日本製 ターンバックル(日本製)

キャンピングカー 用語日本の職人が丹精込めて1品ずつ手作り致しました。価格もアメリカ製と同価格に抑えてお届けいたします。(37,800円)左・4本セット。右側のものは軽トラ用に太さを細めにし、すべての部分をステンレスで作りました。贅沢な一品ですが、クオリティにこだわる方向けに。(43,200円)

キャンピングカー 強化ショックアブソーバー 強化ショックアブソーバー

キャンピングカー 用語横揺れを抑えるショックアブソーバー(ダンパー)です。御予算やお好みの乗り心地で各種ございます。

キャンピングカー フロント三角アンカー フロント三角アンカー

キャンピングカー 用語ターンバックルを引く車輌側のフックです。車種により形状は変わります。

キャンピングカー リアアンカー リアアンカー

キャンピングカー 用語ターンバックルを引く車輌側のフックです。リア側はこれに更にフックを引っ掛け使用します。By HAPPIJAC

キャンピングカー ラック&ラダー ラック&ラダー

キャンピングカー 用語キャンパーのルーフについている簡単に言えば枠がラック(荷物も積めます)。はしごがラダーと呼びます。

キャンピングカー クイックロード クイックロード

キャンピングカー 用語ターンバックルを簡単に取り外しできるパーツです。
・トークリフト製(75,600円)

キャンピングカー RIECO-TITAN キャンパージャッキ RIECO-TITAN キャンパージャッキ

キャンピングカー 用語キャンパーを脱着するときや室内で過ごす場合の揺れ止めに!
アメリカ「リエコ・タイタン社製」
・メカニカルジャッキ 4本セット(140,400円 税込)
・電動ジャッキ(302,400円 税込)コントローラ&リモコン含む
・スイングアウトブラケット(41,040円 税込)
新品キャンパーをご注文頂く場合に同時注文で5万円値引き